透明なゆりかご 無料 ネタバレ

透明なゆりかごを読んで【母親になれるのは当たり前ではない】

現在自分が妊娠中で、出産についての漫画に興味を持ち、読みました。

 

 

 

 

作者の産婦人科でのアルバイト体験という事なので、現在の医療事情と少し時代背景が異なるようでしたが、

 

当時学生さんだった作者が職場で経験して感じた命の重さ、母性などいつの時代でも共通の変わらない想いなどは、今読んでも全く違和感などは無い内容だったと思います。

 

 

 

90年代の日本での死因第一位は実は堕胎によるものであるということも大きなショックでした。

 

 

 

私自身、なかなか子供が出来ず悩んでいた時期があったので、堕胎についての箇所は非常に最初は恐い気持ちで読んでいましたが、そうせざるを得ない事情をもった人たちの事情もリアルに描写されていて、可哀想というだけでは表せない複雑な気分でした。

 

 

 

 

中絶希望者や、性虐待にあった小学生、野良妊婦など、色々訳ありの患者さんが話ごとに登場し、物語の全体としては産婦人科ってこんなにも様々な事が起きているという裏事情を覗いた気分でした。

 

 

 

そのなかで、今の自分に一番響いたのが第六話の母性についてという話です。

 

 

 

妊娠後期で死産になってしまう患者さんが出てくるのですが、妊娠できたら当たり前に子供を出産する事が出来る訳ではないという事をリアルに感じました。

 

 

 

自分の身に起きてしまったら、という恐怖も感じたのですが、その後の、自分のお腹にやってきてくれた子に対して感じた母親としての想いは確かにそこに存在したもの、とても大切な想いであるというメッセージが今の自分の気持ちととてもシンクロしました。

 

 

 

 

死産してしまった登場人物は、そのあと再び妊娠し無事出産する事ができたので、読んでいて暗い気分で終わらなかったので良かったです。

 

 

 

これから出産を控えている人は、産婦人科の事情なども少し知る事が出来ますし、悲しい話ばかりではないので読んでみてほしいと思います。

 

 

 

 

まんが王国で無料試し読みすることができます。
ぜひ無料で読んでみてください。

 

 

>>まんが王国はこちらです<<

「透明なゆりかごと」検索するとでてきます。