透明なゆりかご 無料 ネタバレ

「透明なゆりかご」から知る妊娠の女性への負担

こんにちは。
2児のママのカナです。

 

今回は透明なゆりかごから知る妊婦女性の負担について書いていきます。

 

 

 

 

「透明なゆりかご」の中で、妊娠に関わることでいかに女性の立場が弱いのかと言うことを思い知らされるエピソードがたくさんあります。

 

 

 

 

透明なゆりかご1巻の中で描かれているシーン。
夫婦で作った子供なのに経済上の理由などから下ろすように夫から言われた妻、五人目はいらないと言われてしまったお母さん…

 

 

 

お腹に子供がやってきた瞬間から女性は母になります。自分の中に命があると思うと母性が溢れてきます。しかも上に子供がいるお母さんならどんなに小さな命でも捨てたくないですよね。

 

 

 

男性にはきっと分からないのでしょう。

 

 

 

 

手術をすればなかったことにできる、子供はまた作ればいいなどと無責任な言葉がポンポン出てくるのは所詮他人事なんだと思ってしまいます。産むしても産まないにしても命が宿った女性は大きな負担を強いられることになります。

 

 

 

 

「透明なゆりかご」の中でも妊娠が分かった瞬間に女性の前に二度と現れなくなった男性が出てきます。男性は逃げてしまえばいいけれど、自分のお腹に赤ちゃんがいる女性はどこにも逃げることができません。

 

 

 

 

彼の機嫌が悪くなるから…などと避妊をしない女性もいますが、結局辛い思いをするのは女性だけですよね。

 

 

 

 

最近では中学生や高校生の妊娠も増えています。

 

 

 

「透明なゆりかご」を子供たちにも読んでもらうことで自分の身体を大事にして、小さな命を無駄にしないと言うことがどれだけ大切なことなのか分かってもらえるのではないかと思います。

 

 

 

 

透明なゆりかごはこれから母親になる子供たちにも読んでほしい漫画ですし、子育て真っ最中のママにも読んでほしい漫画です。
いろいろなことを考えさせてくれる素晴らしいストーリーでした。

 

 

 

 

「透明なゆりかご」の感想

 

 

 

 

 

 

 

 

まんが王国で無料試し読みすることができます。
ぜひ無料で読んでみてください。

 

 

>>まんが王国はこちらです<<

「透明なゆりかごと」検索するとでてきます。

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事も読まれています。

 

⇒透明なゆりかごを無料試し読みする方法

 

⇒「ねぇ息をして?目を開けて?じゃないと燃やされちゃうんだよ…」死産してしまった赤ちゃんの送った言葉

 

⇒透明なゆりかごから知る「命の使命」

 

⇒私も中絶の経験があります。

 

⇒透明なゆりかご 不妊治療の辛さ