透明なゆりかご 無料 ネタバレ

透明なゆりかご 私の中絶経験を思いだしました。

 

透明なゆりかごは命を扱う漫画ですし「堕胎」「中絶」が一つのテーマでもあるので、一つ間違えれば救いようがないくらい重くなるところをほんわかとした「絵」が救ってくれてると感じました。

 

 

 

絵だけ見ていると、ちょっと感情移入は出来なさそうな、成人女性には物足りないようなそんなイメージさえ受けるのですが、読み進めていくうちに物語に没頭していました。

 

 

 

准看護婦の「私」の目がまるで自分の目になったような、そんな感じさえ受けました。

 

 

 

私自身二児の母で妊娠出産を経験していますし、実は中絶経験も一度だけあります。悔やんで悔やんでもう7年もたつのに忘れられません。

 

 

 

もし7年前にこの作品と出会っていたら、なんて言う勝手な事を思ってしまいました。

 

 

 

私はこの作品をすべての女性、いえ女性だけでなく男性にも読んで欲しいと思います。

 

 

 

 

そして子供が大きくなったらぜひ子供たちにも読ませたいと思っています。「命」について考えさせてくれる漫画はそうないと思います。

 

 

 

 

そして露骨な描写がなくても伝えたい事がしっかり伝わる、そんな素晴らしい作品だと思いました。

 

 

 

この作品が広く世間に広まって、生まれる事が出来ない赤ちゃんが一人でも減りますように、そう願わずにはいられません。

 

 

 

ぜひ「透明なゆりかご」を読んでみてください。
命の大切さと子どもへの愛が今まで以上に増し加わるはずです。

 

 

無料試し読みもできますのでぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

まんが王国で無料試し読みすることができます。
ぜひ無料で読んでみてください。

 

 

>>まんが王国はこちらです<<

「透明なゆりかごと」検索するとでてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事も読まれています。

 

⇒透明なゆりかごを無料試し読みする方法

 

⇒「ねぇ息をして?目を開けて?じゃないと燃やされちゃうんだよ…」死産してしまった赤ちゃんの送った言葉

 

⇒透明なゆりかごから知る「命の使命」

 

⇒私も中絶の経験があります。

 

⇒透明なゆりかご 不妊治療の辛さ